DUOセレクト例文336~340文法分析

 

Once you take it apart, you can't put it together again.

S'V'O'、SVO
Once~の節は条件を表す副詞節なので、未来のことでも現在形を使う。
過去のことを言う場合は過去形を使う。


If something goes wrong with it, you can have it repaired free of charge.

S'V'C'、SVOC
go wrong=不都合な方向へ行く=不都合が生じる
wrong withは(代)名詞で「(~が)具合が悪くて、故障して」
前半は336番と同様に条件の副詞節
後半のhaveは使役動詞「OをCの状態にしてもらう」なので第5文型


These products are manufactured on a large scale.

SV


The vast majority of people retire with little to live on.

SV
majorityが前後から修飾されている。
to live on はto不定詞の形容詞用法「~するための」


The employees have been forced to work like slaves.

SV
to以下をto不定詞の名詞用法「~すること」でSVOでも良いかと考えたが
force「強いる」の実質的な目的語は「人々」で
forceとto work like slavesの間にはV-Oの関係はない。
よってSVの第1文型。
関連記事



0 コメント

コメントを残す

※誤字脱字や文法の間違いがあればコメントで指摘していただけると嬉しいです。※