DUOセレクト例文316~320 文法分析

 



SVO
Nobodyは代名詞、Nobody can で「誰も~できない」


He insists that whoever commits a crime must be strictly punished.

SVO、S'V'、S''V''O''
that以下は名詞節でinsistの内容を述べている。
whoeverは先行詞を含む不定関係代名詞。「犯罪を犯すものは誰でも」で名詞節


Before long, the case will be settled once and for all.

SV


These days, stadiums are sometimes named after corporations.

SV
自然な訳だと「時には」ではなく「名付けられることもある


He was reluctant to take on extra duties.

SVC
to不定詞の副詞用法で形容詞reluctantを修飾している。
例えば I am happy to see you. 「あなたに会えて嬉しい」の to see you も
「なぜ私が嬉しいのか」という感情の理由を説明しているが、これも副詞用法。
副詞用法はよく「~するために」と訳すが、それだけではない。
関連記事



0 コメント

コメントを残す

※誤字脱字や文法の間違いがあればコメントで指摘していただけると嬉しいです。※