DUOセレクト例文266~270 文法分析

 

All you have to do is pour some boiling water over it.

SVC、S'V'
複雑だが、
大まかにはSVCで、「あなたがしなければいけない全てのこと=その上に熱湯を注ぐこと」。
Allの次に関係代名詞thatが省略されていて、Allの内容がyou have to do。
本来はpourの前にtoがあり「熱湯を注ぐこと」というto不定詞の名詞用法となるが
この手の文に限ってはtoは省略され、isに動詞が続くことが多く例外的な文。
isより後は動詞→目的語という関係になっている。


Bob lost his temper because they treated him as if he were an alien.

SVO、S'V'O'、S'V'C'
もし仮定法であれば時制がズレてhe had been an alienとなるはず
しかしそうなっていないということは、これは仮定法ではない(=直説法)。
この文に出てくるtheyはとても失礼な人で、ボブのことを宇宙人同様に思っているため
彼らの中ではBob=alienは現実に反するのではなく、既成事実のように捉えている。
よって時制がズレない。
このようにas if は直接法でも使うことが多い。
慣例的に if he were が用いられてきたが、現在では普通にwasでもOK。


He has a large vocabulary for his age.

SVO
vocabulary ボキャビュレリィ


I can hardly pronounce the word, let alone spell it.

SVO、(S')V'O'
hardly(=否定)→ let alone ~ 「(否定に続いて)~はなおさら、~は言うまでもなく」




SVC、SVC
Bob is stupid, isn't he? 「ボブはバカだよね」
→ Yes(バカだ), No(バカではない), On the contrary!(とんでもない!)
Bob isn't stupid, is he? 「ボブはバカではないよね」
→ Yes(いいえ、バカだ), No(はい、バカではない), On the contrary, hi is a genius.(それどころか天才だよ。)
関連記事



0 コメント

コメントを残す

※誤字脱字や文法の間違いがあればコメントで指摘していただけると嬉しいです。※