DUOセレクト例文146~150 文法分析

 

Going abroad will add new dimensions to your perspective.

SVO
goingは動名詞


This material will give off a poisonous gas if it is exposed to the sun.

SVO(未来)、S'V'(現在)
expose「露出する」の受動態
素材が炎天下の中で放置されていて、それにより有毒ガスが出る、という感じ。
素材が太陽に向かって働きかけるわけではない。
よって、exposeとthe sunは動詞-目的語の関係ではないと考える。


I'm tired of explaining it to you over and over again.

SVC
tiredは形容詞なのでSVCで終わり
of以下全部に対してtired「うんざりだ」と言っている。


As he points out, those chemicals do serious harm to the environment.

S'V'、SVO
as S V で「SがVしているように」と覚える。
asには「~と同様に」という意味もあるが、微妙にニュアンスが違う。
environmentが自然環境という意味で使われるときは必ずtheが付く。
例えば、the Internet
→インターネットというシステム自体は世界中で共有されている1つのものだから「the」


Leave it to me. I won't let you down.

(S)VO、SVOC
you=downの状態にはさせないよ、ということ。
downはyouを説明する補語と考えられる。
make me happyと同じ構造。
関連記事



0 コメント

コメントを残す

※誤字脱字や文法の間違いがあればコメントで指摘していただけると嬉しいです。※