DUOセレクト例文51~55 文法分析

 

He admitted breaking into the house but denied committing murder.

SVO、(S)VO
breakingとcommittingは動名詞。
51~55番は基本的に動名詞しかとることができない。
48・49番の、動名詞・不定詞両方とるこができて意味が異なるもの、とは違う。
詳しくはDUOにまとめられている(が、めんどくさいので読む気がしない。)


Many immigrants have difficulty obtaining legal status.

SVO
省略されているが、もともとはdifficultyの後ろにinがあった。
前置詞の後ろには名詞が来る。obtainingは動名詞。
have difficulty (in) doing で「~することに苦労している」


They are busy making arrangements for the conference.

SVC
52番と同様。
be busy doing で「~するのに忙しい」

追記:
busy ~ingについては議論が分かれる。
~ingを分詞と考え、形容詞busyを副詞的に修飾している
もしくは単純に be busy ~ingを慣用表現として捉える
の2つ。後者がシンプルで良いか。


He spent his whole life observing wildlife.

SVO
52番と同様。
spend A doing で「~をA(時間)に費やす」


He stayed up late preparing for the trip.

SV
stay up late で句動詞「遅くまで起きている」
DUOではstay up (late) doing で「(遅くまで)寝ないで~する」
旅行の準備をしていた「から」遅くまで起きていた
旅行の準備をし「ながら」遅くまでおきていた
よって、preparing以下が文の前半を修飾している。
他の言葉を修飾するから、このingは現在分詞。preparing以下は分詞構文。
関連記事



0 コメント

コメントを残す

※誤字脱字や文法の間違いがあればコメントで指摘していただけると嬉しいです。※