DUOセレクト例文21~25 文法分析

 

Take your time, and deal with the problems one by one.

SVO、SVO(命令文なのでSが無い。)
You take and You deal
deal withを1つの句動詞と見ると、the problemsが目的語となる。


Take it easy. It's no use arguing about it.

SVOC、SVC
SVCO→O=C
arguingは意味上の主語、動名詞
通常はIt's no use ~ingで「~することはムダだ」と訳す。
useは名詞なので「ユース」


We were amazed that the device was tiny but smart.

SVC、S'V'C'
amaze=~を驚かす
be amazed=驚かされる
この文は受動態となっていて、amazed(過去分詞)はWeの状態を説明している形容詞だと考える。
よってSVC。
amazedの後ろにatが省略されていると考える。
that以下は名詞節、at+that=副詞句となる。


Although Bob is frightened of insects, he studies biology.

S'V'、SVO
Although(接続詞)SVで副詞節
上記の他に
is(V') frightened(C') (of insects)
is frightened of(までがV') insects(O')
というのもOK。


No wonder the audience was bored to death. The topic was boring.

SVC、S'V'C'、SVC
No wonder→It is no wonder that=~ということも不思議ではない
Itはthat以下を指す形式主語。
文法的にはその通りだが、会話上、It is no wonder~と言う人はあまりいない。
よってNo wonder SVで「SがVするのは不思議ではない」くらいで覚えておく。


関連記事



0 コメント

コメントを残す

※誤字脱字や文法の間違いがあればコメントで指摘していただけると嬉しいです。※