英語の勉強(だけじゃないけど)で大事なのは「無理のない繰り返し」なんだよね

 

昨日紹介したハイブリッド型英語トレーニング
その後僕がどのように取り組んでいるのかの話をしたい。

僕は英語に関しては「からきしダメ」な人間なので、動画のとおりにやると最初はついて行けなかった。
オーバーラッピングとシャドーイングの所で全くできなくなる。
完璧主義にはならないほうがいいけど、1~2割くらいしかできないのは、さすがにアレ。

よって、僕の場合は最初に「トコトン読む」というステップを入れた。

とにかくスラスラ読めるようになるまで文を見ながら練習する。
そしてスラスラ読めるようになったら、70%くらいの速さでCDを流して一緒に読む(オーバーラッピング)。
それにも慣れてきたら70%の速さのシャドーイングをする。
だんだん速度を100%に近づけていく。

僕のレベルだったら、これくらい丁寧にやってもいいと思う。
トレーニングがちゃんとできるようになると「楽しい」。だから続く。

英語がこんなに楽しいと感じるのは初めてかもしれない。
いい先生に出会えたことに感謝。


で、もう一つ、この塾では「英単語の覚え方」というのも無料で教えているので
それも試してみることにした。これも楽しい。

楽しい、というか、「覚えなきゃ」という強迫観念が皆無なのが楽。
僕は1年中ヒマな人なので単語練習もやっているけど
時間が無い、という人であれば、まずはハイブリッドトレーニングのみでも十分だと思う。


こないだまでDUOセレクトの音読を個人でやっていて思っていたことがあって
例えば、何ヶ月もかけてDUOを10周読んだとする。
でもそれは結局「1つの文を10回練習しただけ」に過ぎないんだよね。

もちろん、毎回1つの文を何十回も繰り返して読むんだけど
それよりは、一度に覚えられなくていいから「数回読むのを100回繰り返す」ほうが、
よっぽど長期記憶に移行しやすいような気がする。

前者のやり方も後者のやり方も、たぶん労力は同じだと思う。
でも、繰り返すことに重点を置いたほうがいいと僕が考え始めていたときに
僕の目の前に現れたのがこの「ハイブリッド型英語トレーニング」で、まさに「無理のない繰り返し」に重点を置いたやり方だった。


そういえば最近、こんな本にも出会った。

『天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある』
(アマゾンリンクなので踏みたくなければ自分で検索するように。)


僕は本を読むと眠くなるので(その理由も本に書いていたような)、キンドルで買ってスマホに読ませる。
この本もなかなか面白かった。

この本の中にも「無理のない繰り返し」という勉強が出てきていた。

やっぱ、コレ大事なんだなぁ・・・
と、僕はDUOに取り組んでいた頃に何となく思っていたことが確信に変わるのを感じた。



こないだまでやっていたDUOセレクトの文法分析も、全然ムダになったわけではなく
逆に、ソレをやっていたから、今の新しいトレーニングにもついて行けている。

自分で考えて試してやってみる

ということに、ムダなことなど一つもないんだなぁ、と実感。

行動することは大事。




なお、これはお知らせなんだけど
FX勉強会サイトの中にある「勉強部屋」に、いろんなチョメチョメなものを置き始めたので、カギをかけることにした。

これから英語学習とか、プログラミング(Python・Django)を勉強したい
という勉強会参加者には公開するので、その場合は声をかけてほしい。


関連記事