DUOエレメンツとイメージ英文法が凄いという件についてkwsk

 

実を言うと、ちょっとだけDUOセレクトからDUO3.0に浮気した。

英語学習を続けるときに「この本はどうかな?」「今のやり方は間違っているのでは?」
と他の方法に手を出したくなるときはある。人間だもの。

ただ、それこそが時間のムダだよね。
学習というのは、いかに学んでいる対象を信じて長く続けられるかだから
Aを学ぶ、途中で浮気してBを学ぶ、浮気してCを学ぶ・・・でやっても全部中途半端に終ってしまう。

僕も昔FX学習でそれをやってエラい目に遭った。
今では専業トレーダーとして暮らせているし、人に教えるまでになったが
脇目も振らずに一途に取り組んでいたら、もうちょっと早く習得できていたはず。
苦しい会社員生活から、もうちょっと早く抜け出せていたはず。


でもね

今回ちょっと浮気してみて、良かったと思うこともある。
それは「イメージ英文法」というものに出会えたこと。

このブログでもリンクを貼って「DUOエレメンツ」というのを紹介してるんだけど
(リンクから買いたくなかったら自分で検索して見てみればいい)
単なる暗記ではなく、イメージとして覚えていくやり方。

例えば、「to」という前置詞ひとつ取っても

2018-04-22_063349_20180422063633cbc.png

とんでもない量の意味がある。

じゃあ、コレを全部覚えたら英語がペラペラになるかといえば
んなことは全然無いわけで。

それを「ちゃんと使えるように覚えちゃいましょう」というのが、このDUOエレメンツ。

DUOエレメンツは「イメージ英文法」という分野に属するものらしい。
イメージ英文法は、ここ10年くらいで広まってきた比較的新しいやり方で



このちょっとチャラそうな 大西泰斗先生という方が第一人者らしい。

わかりやすく、ちゃんと会話で使えるようにイメージで文法を教えてくれる。

so that構文とか、「時や条件を表す副詞節では未来のことでも現在形を使う」とか
んなこと暗記してもネイティブとの会話の中では素早く使えるわけがないよね。

僕は本よりも音声とか映像のほうが好きなタイプなので
この先生のDVD「ハートで感じる英文法」を全巻買ってしまった。
これまで散々このブログでSVOCとかやってきたけど(それ自体はムダではなかったんだけど)
今後は「ちゃんと使える英文法」を学んでいこうと思う。


DUOエレメンツの話に戻って

世の中の人がみんなこの教材の凄さに気づいているかといえば

2018-04-22_063039.png

こんな感じの

バカ

も存在する。(頭悪い奴は死んだほうがいいよね)

絵が載っている=幼稚、子供が使うもの
みたいは短絡思考の持ち主で、それ以上物事を考えようとしない思考停止人間。
こういう人間は何やっても成功できないつまんない人生を送るんだろうね。


DUOエレメンツに待望の音声CDが出た。
「DUOエレメンツmini」という商品名。

世の中に分からず屋が一定数いるが、DUOエレメンツもイメージ英文法も内容的には
これまでの「何十年経っても英語が全く話せるようにならない日本人」というものを
根本から変える革命的手法。

ぜひみんなで応援して、日本という国を根本から変える手伝いをしてほしい。

決してアマゾンレビューのようなバカ・アホになってはいけない。
そうなったら人間お終い。


関連記事