DUOセレクト例文16~20 文法分析

 

Image_20180412171605928.png

S'V'、SVO
andの前後は並列
took her handだと「手だけ持っていく」
連れて行くのは「彼女」で、彼女の直ぐ側にある手、ということでby the handとなる。
体の一部を表すときはtheを付ける。


Don't take these pills on an empty stomach.

SVO


I have a sore throat and a bad cough.

SVO、SVO
andの前後は等位
a sore throat、a bad couth、もしくはa cold(風邪)、a fever(熱)
これらは数える。
風邪のひき始めから治るまでを1回として「今年は3回風邪を引いたよ」「一度もかからなかったよ」みたいに。


It's about time you decided what career path to take.

SVC、S'V'O'
youの前にはthatが省略されている
話の内容は「今」なのにdecided(過去)になっている→仮定法
It's (about・high) time+仮定法で「もう~してもいい頃だ」
what以下はdecidedの目的語
疑問詞+to不定詞で「何をすべきか」
to takeはto不定詞の形容詞用法
本文の解説にあった直説法とは、単に「普通の文」のこと。つまり仮定法の逆。
訂正:decideは自動詞ではなく他動詞。)


It takes time to acquire skills and knowledge in all aspects of advertising.

SVO
Itは形式主語=to以下を指す。
関連記事



0 コメント

コメントを残す

※誤字脱字や文法の間違いがあればコメントで指摘していただけると嬉しいです。※